« 爽やかチュニック | トップページ | 芝桜 »

2013年5月22日 (水)

めうしのぶっこら

大好きな絵本って、ありますか?

 

ぐりとぐらなど、誰もが知っているものもありますが・・・

私の中のイチオシはこれ。

Ca3g0551 『めうしのぶっこら』

小さい頃、大好きで、毎晩のように読んでました。

「ぶっこらぶっこら、どうしよう」

というリズミカルな言葉と、何よりこの鮮やかな色遣いが何回読んでもワクワク。ページをめくるのが楽しくて仕方がなかった絵本です。

せりふも全部覚えてしまって、読んでもらうというよりは、母に読んできかせてました(笑)今でも言えるわ~

Ca3g0552 でも、この絵本。本屋さんで買ったものではありません。

学研のペーパーブックで、確か幼稚園でもらったような・・・

背表紙もテープで貼って、それがまた取れて、ボロボロです。

でも、中身は色あせてなかった♪ 

大好きな絵本だったので捨てられずに、実家の子ども部屋の本棚に眠っていたぶっこら。

姪っ子も大きくなって、絵本の年齢でもなくなったので、てっきりもうないものと思っていたら、先日実家に帰った時に、母から渡されました。

絵本を整理するときに、すくい出してくれたみたい。

今見ても、新鮮な色遣い。反対色を多用し、コントラストが効いた絵は、やっぱりワクワク♪

お話はアイスランド民話を基にした単純なものだけど、この絵でググッと存在価値が増してます。

このしっぽの毛の色がポイントなのよね~☆

絵本って、物語と絵が一体となって初めて生きてくるものですよね。私には、このお話にはこの絵がベストマッチ。

大事にしようと思います。

 

|

« 爽やかチュニック | トップページ | 芝桜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 爽やかチュニック | トップページ | 芝桜 »