« 今年もよろしくお願い申し上げます | トップページ | 歌川国芳展 »

2012年1月 4日 (水)

ゴヤ展

年末は、上野の国立西洋美術館で開催中の『ゴヤ展』に駆け込み観覧♪

年末年始はお休みしてしまうのです。

東京でしか開催しない美術展が多いので、帰省時は貴重なタイミング。

・・・と言っても、絵画に目覚めたのは最近のこと。

○十年も東京在住だったのだから、もっと積極的に美術館巡りしとけばよかったなぁぁ

西洋美術館、入る前にも楽しめます。

Ca3g1149_2 前庭にあるロダンの彫刻の数々・・・

おなじみ、『考える人』 

考えてます、考えてます!!

そばで見ると手足の大きさが印象的。

この像、何度も登場します。 

 

Ca3g1150  

これは地獄の門。

ここにも門上部に考える人が・・・

このモチーフ、ロダンのお気に入りなんですね~ 

 

 

Ca3g1148 さて、ゴヤ展。

今回の目玉はこの『着衣のマハ』

裸のマハと並べてみたいところですが、今回は片方のみでした・・・

40年前には2つ揃って来日したそうですね。

   

ゴヤ展のテーマは『光と影』

宮廷主席画家としての繁栄と、晩年の狂気にも似た幻影の世界・・・

ゴヤ自身の心の光と影を描いているようでもあります。

前半は油絵中心ですが、後半は素描(デッサン)など、単色中心。

最近視力が落ちた私にとって、暗い照明の中で見る闇の世界は、いろんな意味でしんどい~

音声ガイドをお共に、じっくりじっくり鑑賞していたら、気がつけば閉館時間。

国立西洋美術館は常設展も充実しているのに、そちらを観る時間もなく・・・

入館した時は明るい青空だったのに、外に出たら、冬の澄んだ星空が拡がっていました。

あ、こちらも光と影(笑)

たっぷり見応えある展示でした。

  

|

« 今年もよろしくお願い申し上げます | トップページ | 歌川国芳展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴヤ展:

« 今年もよろしくお願い申し上げます | トップページ | 歌川国芳展 »