« 水無月 | トップページ | アートセラピーを行う場合に注意すべきことについて »

2011年6月 6日 (月)

色彩学校「特別公開講座」&「分科会」

土曜日は、久しぶりに「お勉強」モード。

色彩学校の特別公開講座に参加してきました。

 

テーマは『日本の伝統色』

伝統色って知ってるし~・・・と思っていたけど、江崎先生のお話は本当に面白かった♪

日本で独自の色彩文化が生まれた訳とか、色彩で読む枕草子や源氏物語とか。

中でも興味深かったのは、源氏物語。

登場人物の重ねの色目が、そのキャラクターや心情を如実に表しているなど・・・

源氏物語は一応知っているけれど、色彩を勉強してから源氏物語を読んだことがなかったので、改めてじっくりと読みたくなりました。

まだまだ学ぶべきことはたくさんあるし、やっぱり色って面白い♪

 

Ca3g0809 自分なりの重ねの色目を表現しましょう~というワークでは、こんなちぎり絵を。

テーマは『梅雨のしずく重ね』

実は玄関にちぎり絵を飾りたいなぁと思っていたところ。

最初に「ちぎり絵」と知った瞬間から 頭の中に構図がパパパと浮かびました。

でも、気付けば手に取る色は最近よく着ている服の色と一緒。強くない、淡い紫を中心とした色たちでした。最後に雨も降らせてみたらしっくりきました。

やはり気持ちにしっくりこない色は手に取りませんね。

玄関に飾ってみたら、あじさいキャンドルにピッタリでした。 

 

分科会は医療施設における色彩セラピーのお話。

ここはお医者様自らが色彩セラピーの必要性を感じて導入されている医院。

色彩セラピーの有用性を再確認したお話でした。

あるクリニックで色彩セラピーをやりたいとずっと課題をあたためていた私にとって、とても刺激あるお話でした。

もっと具体的に考えなくっちゃ。

 

もうひとつ再確認したのは・・・

私、心理学専攻だったわってこと。

もっとこのことを活用しなくちゃいけないなぁ。

 

いろんな意味で、もっともっと、日々学ぶべきこと、やるべきことがたくさんあるなぁと痛感した1日でした。

 

|

« 水無月 | トップページ | アートセラピーを行う場合に注意すべきことについて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本当に、興味深い講座&分科会だったよね。
特に分科会の例の効果をはかるテストの件では、「haruちゃん、使えるんだぁ~」と羨望のまなざしを後ろから送っておりました。
すごーいっ!!!

しかも、前日に聞いていたから、余計に驚きっ!!!
こわっ!!!

やっぱり、回り道じゃないんだねぇ~♪♪

投稿: kinoko | 2011年6月 6日 (月) 19時19分

kinokoちゃん
必然・・・でしょうかねぇ。前に進む原動力となればよいのですが。
多分・・・使えるんだよね、きっと。心理テストのお仕事している友人もいるから聞いてみようかな。
持ってるものは活用しないとねっ。

投稿: haru | 2011年6月 6日 (月) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 色彩学校「特別公開講座」&「分科会」:

« 水無月 | トップページ | アートセラピーを行う場合に注意すべきことについて »