« サマースタイル | トップページ | PTAでセラピー »

2010年10月12日 (火)

覚王山散策

三連休は東京からのお客様が続きました。

 

昨日は小笠原友達のYさんと覚王山へ。

覚王山も何度か行ったことはあるのですが、じっくり見るのは初めて。

覚王山アパートや砂時計屋さんなど、楽しいお店がいっぱい。

Ca3g0337 紅茶用に砂時計が欲しかったので、3分計を購入。紫の砂時計も気になったのですが、キッチンに色を増やしたくないので白を選択。

・・・これ、家に帰って時間を計って見たら・・・

2分半。

砂時計はおおよそだとしても、誤差範囲が広すぎないかい?

まぁ、2分半と思って使えば問題ないのだけど。。。

ひっくり返せば5分計としても使えるかと前向きに考えます

 

ランチに入ったのは「珈琲&きっちん ひらき」

私が頼んだのはカニクリームコロッケセット。

周りを見るとセットのご飯がちょっとした丼サイズ?で量が多そうなので、「出されたご飯は残さず食べる」としつけられた私は軽め?にトーストを選びました。

出てきたのは・・・分厚い4枚切?3枚切?トースト

思わず二度見。目を疑いました。

これ、単品トーストの間違いじゃないですか

でも注文票は間違いない。

バターもたっぷりで美味しかったですが、食べきるのが大変でした。

あんまり衝撃的だったので、写真を撮るのを忘れた~

・・・しかもスパゲティ(「パスタ」ではない)を頼んでいるお客さんのトーストは明らかに6枚切。

???定食だけ分厚いの???

友人のエビピラフもこんもり。

名古屋のランチはお値打(笑)ボリュームランチに圧倒です。

ランチの後は腹ごなしに散策再開。

 

「揚輝荘」は松坂屋初代社長によって建てられた別邸。

北庭が無料公開されています。

Ca3g0333 「伴華楼(バンガローのもじり)」

市松模様の煙突やウロコのような壁がモダンな感じ。

尾張徳川家から移築した座敷と茶室に洋間を増築しているとか。 

異質なものをうまく一体としてしまうのが、日本人らしいですよね~ 

 

 

Ca3g0335 庭園の池には、「白雲橋」。

 

朱の鳥居が連なる「豊彦稲荷」なんてのも。

 

 

南庭へはどうやって行くのかと思ったら・・・

数年前に北庭と南庭の間の土地を売ってしまい、そこに建ったマンション内を通らないといけない為に、毎週土曜日と第2・第4水曜日に予約申し込み制でガイドさんの案内付きでないと見学できなくなったそうです。

でも、北庭だけでも見る価値アリです。(無料だし)

 

覚王山で行ってみたかったお店がもうひとつ。

「梅花堂」です。

私、名古屋名物「鬼まんじゅう」がぼそぼそしていてちょっと苦手。

でも以前お土産にいただいたここの鬼まんじゅうは美味しかったので、もう一度食べてみたくて・・・

お店に入ると、次々にお客さんが。

それも「20個ください」「16個」と、大量に購入していく人ばかり。やっぱり有名店なんだなぁ。

そんな中、友人と控え目に「2個ずつください」

 

Ca3g0336 家に帰ってほうじ茶と共にいただきました。

しっとりもちもちで、やっぱり美味しい

さつまいもの黄色が濃く、甘みもしっかりあります。

素朴なお菓子なのに他と何が違うんだろう?

鬼まんじゅうは「梅花堂」できまりだな。 

 

覚王山を満喫した1日となりました。

 

|

« サマースタイル | トップページ | PTAでセラピー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 覚王山散策:

« サマースタイル | トップページ | PTAでセラピー »