« つながれっとまつり2010 | トップページ | 携帯クレヨン »

2010年5月28日 (金)

和菓紙

和菓子、ではありません。「紙」です。

おめでたい席などに供される和菓子を成型する際に、木型を使用しますね。

その菓子木型に、和紙をのせて型を取る・・・優しい和紙の風合いに美しい絵柄が浮き彫りになります。

永田哲也氏のアート作品です。

江戸時代に発祥したとされる菓子木型から生まれる作品は、どれを取っても面白い!!

祝い菓子なので、おめでたい「鯛」なども多いのですが、うろこのひとつひとつまでくっきりと彫り込まれていて、その職人技に魅了されます。

和紙はすべて「西の内和紙」を使用していて、経年するたびに色が白くなるそうです!・・・なんで?

色つきのものは、和紙と色和紙を重ねて作ってあるので、透ける感じがまた味わい深いものがあります。

 

以前テレビで見て、「素敵実物を見てみたい~」と思っていたのですが、どこに行けばあるのかわからずそのままに・・・

昨日カラーピアニーのTさんに名古屋で展示していることを教えてもらい、本日早速行ってきました。

 

Ca3g0120 場所は東別院の『REAL Style』というインテリアショップ。

外観も素敵ですが、店内にも上質なインテリアがたくさん。

6月6日までの期間限定で、「永田哲也展 青風透過~もてなしの和菓紙~」を開催しています。

店内の壁には大きな作品がずらり。迫力があります。

・・・でも、お高い・・・どれも一点物ですので・・・中には軽自動車くらい買えちゃう位のものも

 

 

でもでも、どうしても欲しい~っ

ということで、身の丈に合ったサイズとお値段のものを購入。

Ca3g0123  

こちらは千鳥。

千鳥もかわいいけど、波の形が勢いあって、いいですねぇ。青い和紙に乗せてみました。

丸い形って、キレイに成型するのが難しいそうです。

 

Ca3g0124_2    

こちらは桜。

花びらのひとつひとつも、つぼみの茎も、くっきりと刻まれています。桜色の和紙に乗せてみました。

・・・えへへ。選びきれなくて、2個買っちゃった

これもまた、「出逢い」・・・と・・・ 

 

どちらもスタンドがついていて、立てて飾ることができます。

どうやって飾ろうか・・・考えるだけでワクワクします。

和紙ですが、意外に硬くて丈夫です。カードスタンドなどもありました。

 

ご興味ある方は、是非東別院まで行ってみてください。

一見の価値アリ、です。

こちらの「news」ページに店内の大型展示の様子が載っています。

REAL Style

東別院4番出口を出て、大津通のメ~テレ向かいにあります。

この展示は6月6日までですのでお早めに。

 

 

|

« つながれっとまつり2010 | トップページ | 携帯クレヨン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和菓紙:

« つながれっとまつり2010 | トップページ | 携帯クレヨン »