« 東京 | トップページ | ソ○トバンク・ポスター »

2010年2月16日 (火)

TALK LIKE SINGING

今回の東京行きの主目的は、コレ。

Ca3g00190001 『トーク・ライク・シンギング』です。

香取慎吾主演・三谷幸喜作・演出のミュージカルです。

慎吾君と三谷作品が好きなので、これは見ないといけないと・・・

 

 

 

歌と踊りでしか自分を表現できない青年ターロウ(香取慎吾)と彼を治療しようとする精神医学者ダイソン博士(川平慈英)。ダイソン博士と一緒にターロウの治療に当たるうちにターロウに愛を抱く心理言語学者ニモイ博士。ターロウの理解者Brother。出演者は4名だけで繰り広げられるミュージカルです。

最初黄色や赤の服を着て、生き生きと歌い踊っていたターロウが、治療の結果歌を失い、寂しくもつまらない社会生活を送っている時には青いシャツ。

動→静 が色で表現されていました。

逆に研究一筋で、最初無彩色だったニモイが自然な感情に目覚める辺りは緑、歌い踊ってターロウを元に戻そうとする場面では黄色の服。

こちらは逆に 静→動 という感じでしょうか。

舞台を観るときは登場人物の衣装に注目すると面白いですよ。

 

慎吾君主演だったけど、狂言回し役の川平慈英さんの方が出ずっぱり。最後のオチも持っていっちゃうおいしい役でした。

四季の本格ミュージカルとはまた一味違った楽しさがあります。

 

残念だったことがひとつ・・・

今回はあまりいい席が取れずに2階席。通路から上に2段目でした。席自体は舞台も隅々まで見えて良かったのですが・・・

ミュージカルが始まると、前の席の女性が前のめりになって観劇

前の通路との間の柵がちょうど肘をつくのによい高さなのも災いしているのか、同じ列に座っている人の多くがその姿勢を取っていました。

この姿勢を取られると、後ろの座席の人は舞台に死角ができます。

私はステージの真ん中が見えない状態に

しかも運の悪いことに、その方が横面積の広い方で・・・慎吾君が中央に立つ度に(主役なので、この位置が多い!!)右へ左へと頭を傾けなければ見えず。

私は通路側に座っていたので、通路に傾いて見ることになりました。あ~、肩凝った。

 

これから舞台を観に行かれる方は、背もたれに背中をつけて観劇するのが最低限のマナーと覚えておいてくださいね。

そして、もしも前の方が前傾姿勢を取っていたら、『舞台が始まる前に』「すみません、その座り方だと後ろからステージが見えなくなっちゃうんでやめていただけますか」って伝えてください。きっとそういうことを知らない方なので・・・

私は(幕間があったら言おう)と思っているうちに終わってしまいました(幕間がなかったので

 

でも、もちろん慎吾君は素敵でしたよ

 

|

« 東京 | トップページ | ソ○トバンク・ポスター »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TALK LIKE SINGING:

« 東京 | トップページ | ソ○トバンク・ポスター »