« ソ○トバンク・ポスター | トップページ | 花やしき »

2010年2月18日 (木)

ピヴォワーヌ

『ピヴォワーヌ』・・・フランス語で「牡丹」という意味だそうです。

これは私の友人がシェフをしているフレンチレストランの名前。

江東区の牡丹町にあるから「牡丹」→「ピヴォワーヌ。」

 

お店は東西線の門前仲町駅から徒歩7分程、賑やかな商店街からはちょっと離れた静かな所にあります。

14席という、シェフの目が行き届くちょうどよい大きさのお店は、白を基調としたインテリアで、壁には地元の木場をイメージさせる木のオブジェが飾られて落ち着く空間になっています。

 

そして何より・・・

お料理がとっても美味しいんです

フォークとナイフが苦手でフレンチが好きでなかった夫が、自ら「また食べたい」という程。毎回一皿一皿に幸せを感じます

Ca3g0020_2 これは冷菜・・・「三種の葱と貝類のマリネ」。貝も柔らかく、いろんな種類の葱も甘くて美味しい

お店の照明はリラックスできる暖色系・・・なので、うまく写真は撮れませんでしたが・・・  

 

Ca3g00210001_2 これはメイン。私はお魚で向こうの夫はお肉料理です。

 

こういうお店では毎回カメラを構えるのも無粋な感じがして・・・ほんのちょっとだけ紹介です(撮る前に食べてしまったともいう)。

 

 

私はお酒が飲めないのですが、ソムリエの女性が好みにあったワインを選んでくれたりもします。ワインに合うチーズもいろいろ取り揃えているみたい。

サービスも行き届いて、大人がゆっくり楽しめるフレンチです。ついついまったりと長居をしてしまう・・・

 

シェフ特製デザートもこれまた美味。

私は今回ピスタチオのクレムブリュレをいただきました

バレンタイン前夜に食事をしたので、チョコ菓子のお土産付き

 

帰る時には、シェフ自らお客様をお見送り(忙しい時も・・・)。

愛情こめてお仕事しているんだなぁって思います。

 

フレンチレストラン 『ピヴォワーヌ』

お近くの方は、是非

ランチもいいらしいですよ~。今度はランチで行こうかな。

 

|

« ソ○トバンク・ポスター | トップページ | 花やしき »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピヴォワーヌ:

« ソ○トバンク・ポスター | トップページ | 花やしき »