« ぬり絵でゆく年くる年 | トップページ | スカイツリー »

2010年1月 3日 (日)

朗読劇

この年末は珍しく劇団四季を観ることはなく・・・

100102_1523 代わりに、四季を退団した「石丸幹二」さんの『兵士の物語(演出:白井晃)』を観に行きました。

兵士と悪魔と王女とストーリーテラーをひとりで演じるという朗読劇です。

ピアノとパーカッションの効果音つき。

悪魔と取引した兵士の物語です。

面白かったけど、音が大きすぎて・・・もうちょっと小さい方が物語に入り込めるような・・・(個人的意見です)

暗闇の中を衣装や小道具にライトを当てることで4役を演じ分けます。

暗闇に赤がパッと出てくるとドキっとしますね。悪魔っぽい~

兵士の優柔不断さにはあきれますが、朗読劇もなかなか面白いですよ。

 

|

« ぬり絵でゆく年くる年 | トップページ | スカイツリー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朗読劇:

« ぬり絵でゆく年くる年 | トップページ | スカイツリー »