« 素敵な土曜日 | トップページ | 五代目桂米團治襲名披露公演 »

2008年10月27日 (月)

ハンドペインティング

26日は稲沢市福祉祭りに参加しました。Photo_2

今回は・・・ハンドペインティング

色の楽しさを知ってもらおうという企画です。

色彩学校のお仲間Tさん主催のワークショップのお手伝いです。

心強いことに、名古屋市内で『こどものアトリエ』を開いているT先輩も協力いただけることに 初めてのハンドペインティング企画に色々と適切なアドバイスをいただきました。

ブースの壁いっぱいに貼った模造紙に、手でも筆でもハケでも、なんでもいいから絵の具で表現します。

 

この日はあいにくの雨にもかかわらず、会場の体育館は結構な数の親子連れが遊びに来ていました。

最初の1時間は、ぬり絵をする人はあってもハンドペィンティングまではなかなか・・・

ところが、お子さんがひとり熱心に壁に向かうと・・・ 

興味を引かれるのか、次々と「あれやりたい」という子ども達がやってきました。

Photo みんな楽しそうに絵の具と戯れています。

壁も床もしっかりシートで養生してあるので、思いっきり描けます。

家ではなかなかやらせてもらえない遊び方。

 

Photo_3 服を汚すのが嫌な人用にと、エプロンなども用意していたのですが、子ども達は多少汚れるのも平気で嬉々として壁に向かって絵を描いています。

ここに子どもが入るのを許したお母さんは「しゃ~ないなぁ」という感じで眺めています。

やはり、嬉しそうな子どもの笑顔には勝てません。

中には、一緒になって楽しむお母さんの姿も。

足に絵の具をつけて足型を残す男の子もいました(これは床に置いた紙)Photo_5

私達の役目は、汚れたバケツの水を取り替えたり、筆を洗ったり、床を拭いたり、紙を張り替えたり・・・子ども達が楽しく自由に創作ができるお手伝いです。

予想を超えた参加者(と子どもの創作意欲)の為に、用意した模造紙では足りずに茶色いクラフト紙も使用したけど、それでも追いつかず・・・もう描く所がなくなった時点でハンドペインティングは終了となりました。

Photo_6  

 

 

 

 

ハンドペインティングはどうも・・・という人には、ぬり絵を用意。

たくさんの種類の中から、好きな絵柄のぬり絵を選んでクレヨンや色鉛筆で色を塗ります。

こちらは熱心にキレイに塗る子が多かったみたい。

どちらもそれぞれ自由に色と遊ぶ時間を楽しんでいました。

絵の具と戯れる子ども達を見て、「ここはダメ」と子どもを入れさせない親御さんもいました。

そういうご家庭のお子さんにこそ、こういう機会に楽しんでもらいたいのですが・・・

 

10時から3時の開催時間はあっという間に過ぎました。

子ども達のキラキラした楽しそうな表情に、やっぱり自由に色を楽しむって、いいなぁと実感しました。

これは、まずまず成功と言えるのではないかしら?

主催団体の方や他の出展者の方も、物珍しげに覘きにいらしてました。

「大人の方もどうぞ~」とお誘いしても、皆さん遠慮してしまいます。大人の方にも、この気持ちよさを知ってもらいたいのですが・・・

名古屋でも、こんな楽しい企画ができたらいいなぁ

 

 

|

« 素敵な土曜日 | トップページ | 五代目桂米團治襲名披露公演 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ワークショップ・イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンドペインティング:

« 素敵な土曜日 | トップページ | 五代目桂米團治襲名披露公演 »